マナーの基本

>

レストランのランクで洋服を決める

ナイフやフォークの注意点

パンを食べたりするときにフォークやナイフを持つことを休める場合があります。
食べている途中でお皿をまだ下げないで欲しい時はナイフとフォークをバッテンに交差します。
こうしておくと食べている最中のお皿を下げられる心配がありません。

フレンチのコース料理は一品ずつ提供されます。
温かい物は冷めないうちに、冷たいものは温度が上がる前に食べましょう。
他の方の食べるスピードに合わせるのが楽しく食事が出来るマナーです。
適度におしゃべりをするのは悪い事ではありません。

パンにお皿に残ったソースをつけて食べる方がいますが、高級なお店ではあまりしないほうがスマートです。
同じフレンチでも庶民的なお店なら大丈夫な食べ方になります。

不愉快にさせないのがマナーです。

フレンチというと食べ方のマナーが難しいと思う方が多いですが基本的に他の方を不愉快にさせない事がポイントです。
肉や魚などのメインになる物を食べる時には、左側からナイフを入れたり食べるようにするとスマートに見えます。

その他の食べる時のこつとして、ナイフで何かを切る時はフォークでおさえる事です。
このようにすると周りにソースが飛び散るなどのアクシデントが減ります。
またあまりフォークやナイフががちゃがちゃとならないでスマートに食べられます。

これらに注意をすると周りに不快感を与えずに済みます。
また食べやすいサイズにカットをすると上品に見えます。
パンを食べる時と同じように、自分の口にあわせて肉や魚をカットしていきましょう。


この記事をシェアする