マナーの基本

>

メニューや飲み物の選び方

ワインを手酌しない

フレンチでワインをボトルでオーダーした時は手酌で飲まないように注意をしましょう。
お酒を注ぐときはスタッフに合図をしてお願いするのがスマートな方法です。
基本的にスタッフはグラスが空になると注ぎに来てくれますが、気がつかない時は合図をします。

食後の飲み物が終わるまで喫煙は控えます。
途中で離席して喫煙所に行くのはマナー違反です。
タバコを吸わない方への配慮も大切です。

また本を読みながら食事をしたり携帯を使用するのは控えましょう。
このような食事の仕方は正しくありません。
食事が終わるまではこれらを控えるのが礼儀です。
それほど長い時間がかかるわけではないので、同席者と会話をしながらゆっくりと食事を楽しみます。

飲み物の選び方と騒がしくしないのがマナー

フレンチの食事のマナーとしてワインなどの飲み物の選び方があります。
基本的なワインの選び方としては肉料理には赤、魚介系には白が適しています。
同席の方の好みを聞きながらスタッフにお勧めのワインを聞くのがスマートなマナーです。

お酒を飲まない方や女性が多い場合はノンアルコールのスパークリング系のグレープジュースを選んだり、他のソフトドリンクやカクテルを勧めましょう。
食べ物と飲み物の相性を考えてオーダーしたり飲み物を追加するのがポイントです。

高級なフレンチレストランだと小さな子供の入店が難しい場合があります。
事前に確認をしたり、同席する場合は静かに食事をさせるのがマナーです。
退屈をさせないように事前に持ち物などに工夫をしましょう。


この記事をシェアする