マナーの基本

>

スープの飲み方の注意点

気持ちよく帰ろう

スタッフの接客などの対応が良ければ、会計後にお礼の言葉を伝えましょう。
御馳走様とかありがとうと、スタッフに伝えるだけでも印象が変わります。
同行した方の気持ちが良くなる対応をする事がフレンチを食べる際のマナーです。

携帯をマナーモードにしたり、通話を店内でしない事がフレンチでのマナーになります。
これらは全て他の来店者を含めた方が気持ちよく食事をするための気配りです。
静かな店内で大きな着信音がしたり、大きな声で携帯で話すのは周りの方に迷惑です。

この他に食べきれないほどのオーダーをするのは良くありません。
アラカルトの場合は様子をみてオーダーをします。
足りなければ追加をするのがスマートなオーダーの方法です。

意外と気がつかないマナー

友達などとフレンチを食べる時に、お互いの料理を交換したりシェアをする方がいます。
これはあまりお行儀が良いとはいえません。
どうしてもシェアをしたい場合はあらかじめ取り分けてもらうようにスタッフに伝えましょう。
またフレンチを楽しむときにワインなどのお酒を飲む場合があります。
シャンパンは酔いがまわりやすいので注意をしましょう。
飲みすぎで周りに迷惑をかけないようにします。

お酒に弱い方はあらかじめソフトドリンクかノンアルコールのカクテルなどを用意してもらいます。
お水を用意してもらうのは良い方法です。
適度なアルコールは食事を楽しくしますが、適量でおさえる事がマナーになります。
フレンチを楽しむためのマナーはそれほど難しくはありません。


この記事をシェアする